更年期治療として注目されているプラセンタ治療とは?

Pocket

更年期とは、閉経前後の5年から10年の期間をいい、女性は閉経を迎えると、卵巣機能の低下によって女性ホルモンの分泌が減少していきます。女性ホルモンが不足することで起こる精神的、身体的な不定愁訴を更年期障害と呼びます。 精神的的不定愁訴には、入眠障害、倦怠感、不安感、緊張感、イライラ感、うつ気分、身体的不定愁訴には、頭痛やのぼせ、熱感、めまい、ふらつき、発汗、冷え症、腰痛などがあり、これらの症状がいくつも重なって起こることもあります。 辛い更年期障害を改善する更年期治療として、プラセンタ治療が効果的と言われています。プラセンタ治療とは、ヒトの胎盤から有効成分を抽出して、注射したり、内服して効果を得るものです。ヒト由来であるので、馬や豚由来成分に比べて更年期障害に対する高い効果があり、プラセンタ治療を受けた約7割の人が改善効果を実感すると言われています。ただ、ヒト由来のプラセンタを使用した注射や内服は、医療機関でしか処方できないので、治療を受ける場合は医療機関を受診しなければなりません。 プラセンタを使用した更年期治療は、めまいやホットフラッシュ、疲れ、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、うつ気分と言った症状を軽減できます。プラセンタがなぜ更年期障害に有効なのかというと、プラセンタに含まれる成長因子や栄養成分の働きのおかげです。成長因子や栄養成分によって体の機能が整えたり、バランスを取るため、様々な症状が緩和されます。